スターベース東京のブログ

スターベース東京のブログです。店頭の様子や機材情報を中心に書いていきます。不定期更新。

Omegon製品の取り扱いを開始しました!

この度、スターベース東京はOmegonの正規販売店になりました。少しづつではありますが、ヨーロッパの面白い商品をご紹介できればと思います!

 

まずはこちらのユニークなポータブル赤道儀のご紹介です。

f:id:starbase:20200829130117j:plain

ぜんまい式で連続60分もの長時間動作が可能な「Omegon Mount Mini Track LX3セット」。極軸望遠鏡と自由雲台がセットになっているのでお手持ちのカメラ三脚に載せればただちに使えるのが◎です。白を基調としたMade in Europeの本体は外観もユニークで存在感があります。下の画像のセット一式で 税込34,980円 です。

 

f:id:starbase:20200829130424j:plain

 

セットの自由雲台はアルカスイス互換のクイックリリースプレート付きで、しかも回転方向だけを独立して動かせる仕組みなので広角レンズでのパノラマ撮影に便利です。極軸望遠鏡を使えば広角レンズなら1コマあたり数分間は星を点像として写し止められる精度があります。

 

LX3は電池不要なのが最大の特長。日頃から電池残量を気にしなくて済むので精神的にも気楽に使えます。登山や長期旅行でも重宝しますね。広角レンズで星を点に写し止めたいという方にはぜひともお勧めのアイテムです!

 

詳しくはネットショップのページでご紹介しています。

 

TS-65、D型、I型などに使えるメタル三脚のご提案です

 

昨年発売となったタカハシのVBメタル三脚。Sメタル三脚の後継機としてPM-1赤道儀の搭載に最適なほか、各種アダプターで

EM-1

EM-1S, EM-2, EM-2S, EM-10, EM-11

P-2

1/4"カメラネジ, 3/8"カメラネジ

TG-L経緯台

を載せることができる汎用性の高さが魅力です。今回はさらに、旧型のタカハシ赤道儀をお使いの方向けにこんなアダプターを作ってみました!

 

f:id:starbase:20200721130134j:plain

架台アダプター TS式汎用 スターベースオリジナル

 

f:id:starbase:20200721130154j:plain

搭載例: FOA-60、TS-65(初期型)、架台アダプター TS式汎用、VBメタル三脚

 

この頃の架台は三脚架台の規格が共通ですので、架台アダプター TS式汎用 

 

------------------------

TS-65 (1967~)
TS-100(1969~)
TS-65D (1970~)
TS-65S (1971~)
TS-50 (1971~)
TS-100 I(1972~)
TS-65P(1972~)
TS-65V1(1976~)
のうち、三脚架台との接合部のでっぱりがΦ24mmのもの

------------------------

 

に広く対応します。当時の木脚が経年劣化してしまったり、より軽快に取り回したいという方へ。VBメタル三脚架台アダプター TS式汎用 の組み合わせがオススメです!この2点の合計で税込63,580円です。詳細はリンクからネットショップをご覧ください。

 

 

ε-160ED スポットダイアグラム

ε-160ED鏡筒のスポットダイアグラムのページです。

 

イメージサークルは「良像かつ中央光量比60%」を達成する範囲としています。
※スポットダイアグラムのデータが鏡筒の写真性能のすべてを決定するわけではございません。

 

f:id:starbase:20200710192948j:plain

ε-160ED 直焦点 焦点距離530mm F3.3 イメージサークルΦ44mm

 



 

EM-11TEMMA3赤道儀のご予約受付開始です

昨日発表されたEM-11TEMMA3赤道儀のネットショップ商品ページのご用意ができました!FG-Temma2Zから色調も新たに機能を追加したTEMMA3(テンマスリー)となり、さまざまな用途に対してより一層便利にお使いいただけるように進化しています。

f:id:starbase:20200526212752j:plain

標準で無線LANに対応しており、本体に電源を投入してスマートフォンタブレットで直接操作できます(別途アプリが必要です)。6月より出荷の予定で、現在は「予約する」ボタンにて皆様のご予約をお待ちしております。

 

詳細はタカハシWebサイト当店の販売ページをご覧ください!

 

【FC-100DF+FC-35レデューサー0.66×】眼視主体のスタンダード機でFを明るくするスーパーレデューサーです

f:id:starbase:20190218211926j:plain

オリオン座三ツ星付近 2018年12月15日 福島県下郷町にて撮影

 


◇概要

FC-35レデューサー0.66×」は2013年に発売となった新型レデューサーで、口径100mm以上のFC/FSのほとんどの機種に適合して周辺画質改善と焦点距離短縮を行う補正レンズです。取り付ける鏡筒に応じて「CAリング」というスペーサーリングを変えることで補正効果を最適化する仕組みの、いわばマルチレデューサーです。

2枚玉のスタンダード眼視用望遠鏡のF値を大幅に明るくし、画角の拡大と露光時間短縮ができるという意味で、同じく汎用補正レンズである昨夏発売の「FC/FSマルチフラットナー1.04×」とはまた別の魅力があります。

 

FC-100DF鏡筒CAリング100Dを併用)との組み合わせでは焦点距離を740mm(F7.4)→480mm(F4.8)へ短縮し、かつ35mmフルサイズの周辺まで星が円形を保つように画質向上できます。イメージサークルは35mmフルサイズをカバーするΦ44mmです。
 

 

f:id:starbase:20190218211922j:plain

FC-100DF + FC-35RD + Canon EOS6D(IR改造) ISO-2500 300s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20190218211917j:plain

FC-100DF + FC-35RD + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20190218211911j:plain

FC-100DF + FC-35RD 実写画像(撮って出し)

 

画面全域にわたり星像の崩れは少なくシャープ感が保たれています。直焦点やマルチフラットナー併用時にくらべて2倍以上の夜空の範囲を一度に撮影することができるのが大きな強みです。F/4.8となるのでFSQシリーズの直焦点よりも明るいのも魅力です。

 

f:id:starbase:20190218211901j:plain

FC-100DL + FC-35RD(撮って出し)

これは同じレデューサーを限定販売の「FC-100DL」に接続して撮影したものです。この鏡筒は眼視メインの設計で焦点距離900mm(F9)ですが、このレデューサーを併用すると焦点距離590mm(F5.9)に短縮でき、また星像は35mmフルサイズの全域でかなりシャープになります。直焦点のF9では長い露光時間が必要なので銀河や星雲の撮影を諦めていたという方も、F5.9ならば現代のデジカメやCMOSカメラを使って気軽に撮影をお楽しみいただけます!

 

焦点距離を短縮し画角を2倍以上に広げる」「F値が明るくなるので短い露光時間で天体撮影を楽しめる」という長所を活かした星空の撮影に、FC-35レデューサー0.66×をぜひご検討ください!

 

---------------------

 

この組み合わせで写真撮影を行うのに特価したお得なセットもご用意しました!

 

FC-50にカメラ回転装置(SKY90)を経由してFC/FSマルチフラットナー1.04×を取り付けるためのアダプターができました!

タイトルが長くてすみません…。でも、まさにその通りのアイテムなのです。今回はちょっとマニアックな内容です。

 

f:id:starbase:20200324124613j:plain

赤矢印の先が「M47-M55.9AD」

 

すでに生産終了となって久しいですが多くの方にご愛用いただいている「FC-50鏡筒」は、FC/FSマルチフラットナー1.04×との相性が非常によく、35mmフルサイズの全面でほとんど無収差といえるほどの結像性の高さを誇ります。ただ、今までは「カメラ回転装置(SKY90)」を取り付ける方法が無く、すでに「カメラ回転装置(FC-50)」をお持ちの方しかこれを使うことができませんでした。

 

※「マルチCAリング50」に付属のM47-M55.9変換リングでは形状の制約からカメラ回転装置(SKY90)の回転機構が機能せず、一方これを使えるようにするために間に「ドロチューブ延長筒(FS-60C)」を挟むと今度は無限遠にピントが出ない…という問題がありました。

 

そこで、FC-50のM47ドロチューブからM55.9(M56)の「カメラ回転装置(SKY90)」にネジ径を変換するアダプターで

・光路長が十分に短い

・M47ネジには内側にストッパー部を持つ

・外径が回転装置と干渉しない程度に小さい

・取外しやすいように外側にローレット加工がある

を同時に満たすリングがあるといいな…ということで製作いたしました。それがこの「M47-M55.9AD」です!

 

f:id:starbase:20200324130358j:plain

こんな形をしています

 

FC-50鏡筒をお持ちの皆さん!これ(とカメラ回転装置(SKY90))を使って天体撮影はいかがでしょうか!

 

f:id:starbase:20200324130656p:plain

 

「FS-60CBお気軽星見フルセット」の販売を開始しました!

 

昨年末にネットショップにてご紹介を開始していました、当店としてはユニークな「これだけあれば一通りの星空観察が楽しめる」という完全フルセット

FS-60CB お気軽星見フルセット

の販売が開始となりました!

f:id:starbase:20191205223521j:plain

セット内容=FS-60CB鏡筒、鏡筒バンド、アリガタ、NEW KDSマウントII、マスタークラシックカイ三脚(雲台部分は除く)、屈折用バッグM(専用中仕切り付き)、天頂プリズム31.7MC、PHOTON ED 8mm / 3.2mm、収納用きんちゃくとケース

 

頑丈な三脚と経緯台式微動マウント、天頂プリズムとアイピース、それらの収納ケース一式のセットです。このまま気軽に持ち出して天体の観察が楽しめます。FS-60CBは小型で扱いやすい2枚玉ながらフローライト対物レンズを採用したシャープな見え味が特長で、今では夕方に西の空に明るい金星の満ち欠けや、明け方の木星の縞模様など、高倍率の月惑星の観察にも好適です!

 

f:id:starbase:20200312191246j:plain

使用時のイメージ

 

マウント部分の在庫がなくなり次第終了となります。アイピースの変更などのご希望にも柔軟に対応しますので、この機会にぜひ小型でずっと使えるタカハシのFS-60CBをご検討ください!