スターベース東京のブログ

スターベース東京のブログです。店頭の様子や機材情報を中心に書いていきます。不定期更新。

【FC-100DF+FC-35レデューサー0.66×】眼視主体のスタンダード機でFを明るくするスーパーレデューサーです

f:id:starbase:20190218211926j:plain

オリオン座三ツ星付近 2018年12月15日 福島県下郷町にて撮影

 


◇概要

FC-35レデューサー0.66×」は2013年に発売となった新型レデューサーで、口径100mm以上のFC/FSのほとんどの機種に適合して周辺画質改善と焦点距離短縮を行う補正レンズです。取り付ける鏡筒に応じて「CAリング」というスペーサーリングを変えることで補正効果を最適化する仕組みの、いわばマルチレデューサーです。

2枚玉のスタンダード眼視用望遠鏡のF値を大幅に明るくし、画角の拡大と露光時間短縮ができるという意味で、同じく汎用補正レンズである昨夏発売の「FC/FSマルチフラットナー1.04×」とはまた別の魅力があります。

 

FC-100DF鏡筒CAリング100Dを併用)との組み合わせでは焦点距離を740mm(F7.4)→480mm(F4.8)へ短縮し、かつ35mmフルサイズの周辺まで星が円形を保つように画質向上できます。イメージサークルは35mmフルサイズをカバーするΦ44mmです。
 

 

f:id:starbase:20190218211922j:plain

FC-100DF + FC-35RD + Canon EOS6D(IR改造) ISO-2500 300s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20190218211917j:plain

FC-100DF + FC-35RD + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20190218211911j:plain

FC-100DF + FC-35RD 実写画像(撮って出し)

 

画面全域にわたり星像の崩れは少なくシャープ感が保たれています。直焦点やマルチフラットナー併用時にくらべて2倍以上の夜空の範囲を一度に撮影することができるのが大きな強みです。F/4.8となるのでFSQシリーズの直焦点よりも明るいのも魅力です。

 

f:id:starbase:20190218211901j:plain

FC-100DL + FC-35RD(撮って出し)

これは同じレデューサーを限定販売の「FC-100DL」に接続して撮影したものです。この鏡筒は眼視メインの設計で焦点距離900mm(F9)ですが、このレデューサーを併用すると焦点距離590mm(F5.9)に短縮でき、また星像は35mmフルサイズの全域でかなりシャープになります。直焦点のF9では長い露光時間が必要なので銀河や星雲の撮影を諦めていたという方も、F5.9ならば現代のデジカメやCMOSカメラを使って気軽に撮影をお楽しみいただけます!

 

焦点距離を短縮し画角を2倍以上に広げる」「F値が明るくなるので短い露光時間で天体撮影を楽しめる」という長所を活かした星空の撮影に、FC-35レデューサー0.66×をぜひご検討ください!

 

---------------------

 

この組み合わせで写真撮影を行うのに特価したお得なセットもご用意しました!