スターベース東京のブログ

スターベース東京のブログです。店頭の様子や機材情報を中心に書いていきます。不定期更新。

【FSQ-85EDP+レデューサーQE0.73×】F3.8&周辺まで崩れない星像が魅力!

f:id:starbase:20180429140319j:plain

オリオン座三ツ星付近 2017年2月28日 ニュージーランド・レイクテカポ湖畔にて撮影

◇概要
FSQ-85EDP("P"なしも同じ)に「レデューサーQE 0.73x」を併用すると、焦点距離327mm / F3.8 / イメージサークル44mmになります。F4を切る明るさとフルサイズ対応の周辺光量の豊富さが魅力です。さまざまに補正レンズを付け替えて、好みの焦点距離をシャープな像とともに実現できるのがこの鏡筒の大きな強みです。

 

f:id:starbase:20180429140315j:plain

FSQ-85EDP + RD + Canon EOS6D(IR改造) ISO-1600 420s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20180429140308j:plain

FSQ-85EDP + RD + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20180429140311j:plain

FSQ-85EDP + RD 実写画像(撮って出し)

 

周辺減光は直焦点やフラットナー焦点にくらべ大きめですが、減光の具合が「周辺でストンと急に光量が落ちるタイプ」ではありませんので、フラット補正が容易です。なお上のフラット画像で画像右側の減光はミラーボックスケラレによるものです。

本レデューサーの利点は「周辺像が肥大しない」ことです。倍率色収差(周辺の星の色ズレ)はありますが、色ごとに見れば星像はしっかり点に近い形を維持していますので、色ズレに関しては画像処理的に解決できます。

下の画像は撮って出し画像にLightroom色収差の除去」を適用し、35mmフルサイズの左上300ピクセル四方を切り出したものです。この状態ではフルサイズ最周辺でも星像が肥大せず、若干の変形が認められるのみとなりますので、モザイク撮影にも好適です。

 

f:id:starbase:20180429143635j:plain

FSQ-85EDP + RD 「色収差の除去」後の35mmフルサイズ左上300ピクセル四方

 








 

 

【RedCat51 f/4.9】展示&取り扱いを開始いたします!

 

巷で話題になっているWilliam Opticsの「RedCat51 f/4.9」ですが、この度スターベース東京店でも展示と取り扱いを開始いたしました!現在は展示機のみ・ご予約受付中ですが、製品出荷が開始となりましたら店舗在庫も持ちたいと思っています。

 

f:id:starbase:20190217194603j:plain

フード格納時はわずか22cm弱。コンパクトでかわいい筒です

写真用コンパクト鏡筒としてはすでにタカハシ「FS-60CB」やビクセン「FL55SS」がありますが、これらも展示をしていますのであわせて見比べることができます。実物を見てみたい!という方はぜひお越しください。

本体価格79,000円(+税)で、M48カメラマウントが別途必要になります。

 

 

 

【FSQ-85EDP+エクステンダーED1.5×】高性能680mmでクローズアップを狙おう!

f:id:starbase:20190112232145j:plain

ばら星雲 2018年12月11日 長野県・野辺山高原にて撮影


 

◇概要
FSQ-85EDP("P"なしも同じ)に専用の「エクステンダーED1.5×」を併用すると、焦点距離680mm / F8.0 / イメージサークル44mmになります。

f:id:starbase:20190112232142j:plain

FSQ-85EDP + EXT + Canon EOS6D(IR改造) ISO-3200 360s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20190112232138j:plain

FSQ-85EDP + EXT + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20190112232134j:plain

FSQ-85EDP + EXT 実写画像(撮って出し)

 

フラットナー併用時と同様に、エクステンダー併用でも35mmフルサイズの全域にわたり均質で精密な星像が得られます。フラットナー併用時とは異なり倍率色収差(周辺部の星の色ズレ)が認められますが、各色に対しては星像はしっかり円形を保っていますので、たとえばLightroomでは「色収差の除去」に✔を入れるだけ(本当にワンクリックです!)で、下の画像のように倍率色収差を取り除き、隅々まで均質で色ズレのない像を得ることができます!

 

f:id:starbase:20190112232128j:plain

FSQ-85EDP + EXT 実写画像【色収差を除去】

 

FSQシリーズの最小モデルながら星に色ハロがほぼ全く発生せず、端正で緻密な色表現が可能なFSQ-85ED(P)。直焦点はもともとAPS-Cまでのセンサーを考慮した設計ですが、レデューサー・フラットナー・エクステンダーの3種の焦点距離では全ての場合で35mmフルサイズの周辺までご満足いただける像を得られることと思います。

海外遠征に持ち出せるほど軽量コンパクトでありながら、天体写真機として妥協のない仕上がりです。 

 





 

 

【FSQ-85EDP+フラットナー1.01×】隅々まで点像、素晴らしい性能です

f:id:starbase:20180429140107j:plain

M45 2017年9月22日 福島県田村市にて撮影

 

◇概要
FSQ-85EDP("P"なしも同じ)に専用の「フラットナー1.01x」を併用すると、焦点距離455mm / F5.4 / イメージサークル44mmになります。

f:id:starbase:20180429140117j:plain

FSQ-85EDP + FL + Canon EOS6D(IR改造) ISO-2000 360s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20180429140113j:plain

FSQ-85EDP + FL + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20180429140102j:plain

FSQ-85EDP + FL 実写画像(撮って出し)

 

直焦点ではフルサイズ周辺の星像がわずかに円周状に流れますが、本フラットナーの併用でこれをほぼ完全に解消できます。中心からフルサイズ最周辺まで、星像の大きさ・形の変わらない、全面で星を「点」に写せる非常に優秀な光学系となります。直焦点と同様に星に色ハロが発生しませんので、緻密で素直な画像表現が可能となります。

デジタルカメラの背面液晶(ライブビュー使用)でピント合わせするさい、ピントが合った瞬間の星像の立ち上がりが大変鋭く、バーティノフマスク等がなくてもピントの山を掴みやすいのはFSQ-85ED(P)のすべての補正レンズ含む状態に共通するメリットです。これは色ハロがほとんどないためでしょう。

 

 





 

 

【営業時間変更のお知らせ】東京店は3月より「水曜」定休日になります!

f:id:starbase:20190204190059j:plain

 

平素は当店をご利用頂き誠にありがとうございます。当店ではこれまで毎週木曜日を定休日としてまいりましたが、2019年3月より毎週水曜日を定休日とさせていただくこととなりました。お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解いただきます様、お願い申し上げます。

【FSQ-85EDP 直焦点】色ハロ皆無、星の色を素直に表現できるのが魅力です!

f:id:starbase:20180428123257j:plain

ηカリーナ星雲 2017年2月27日 ニュージーランド・レイクテカポ湖畔にて撮影

◇概要
FSQ-85EDP("P"なしも同じ)は焦点距離450mm / F5.3 の鏡筒です。写真撮影向きの鏡筒ではありますが、実は眼視用にも好適です。眼視での中心像はヌケがよくシャープで、TOEシリーズアイピースを使っての月面・惑星観望も十分対応できるほか、低倍率で月面の場所ごとの色の違いを眺めるのにも向いています。

本記事では直焦点時の写真性能について、実写画像をもとに見ていきたいと思います。

 

f:id:starbase:20180428123241j:plain

FSQ-85EDP + Canon EOS6D(IR改造) ISO-1600 420s jpeg撮って出し

f:id:starbase:20180428150344j:plain

FSQ-85EDP + Canon EOS6D(IR改造) フラット画像

f:id:starbase:20180428123252j:plain

FSQ-85EDP直焦点 実写画像(撮って出し)

中心像は文句なくシャープで、APS-C最周辺ではわずかに円周上に星像が流れ始めますが、ここまでであれば実用上点像といってよいでしょう。35mmフルサイズ最周辺の星像の伸びは、本テスト機では画像左下で目立ちますが、これはA3ノビにプリントした画像では実長さで1mm未満で、等倍画像で見ない限りほとんど気にならないでしょう。それよりも、画面全域にわたり色ハロのない素直な星色表現に注目してください。
フルサイズ最周辺での星像の円周上ノビが気になる可能性があるのは
・モザイク合成するとき(境界部で星の形が変わる)
・星を小さくする処理を掛けるとき(伸びた星像を小さくすると線状になってしまう)
くらいだと思います。そのような場合は「フラットナー1.01x」の併用をご検討ください。

 

【~2/4 期間限定展示】TSA-120Nを展示しています!

2月4日まで、スターベース東京店では「TSA-120N」鏡筒を展示しています!通常仕様と「N」を並べて展示しておりますので、見て触って、その違いをお確かめいただけます。

 

TSA-120鏡筒は口径12cmの光量と抜群のシャープネスの高さがあるにも関わらず、大変軽量コンパクトなことで皆様にご好評いただいております。今回限定販売となっている「TSA-120N」は、ノーマル仕様で対物フードに伸縮機構を持たせていたのを固定式とすることで、さらなる軽量化と低価格化をはかったモデルです。

 

「TSA-120」「TSA-120N」どちらも、気軽に眼視を楽しみたいけれど性能には妥協したくないという方にはもちろん、眼視も撮影も楽しみたいという方にも、きっとご満足いただける製品です。ぜひこの機会に実機をご覧ください!

 

※1/25現在…TSA-120N鏡筒はまだご注文受付中ですが、在庫がなくご注文からお渡しまでしばらくお時間をいただいております。

 

f:id:starbase:20190125160433j:plain

ノーマル仕様・フード最長時。全体長さはほとんど変わりません

 

f:id:starbase:20190125160430j:plain

ノーマル仕様・フード最長時。

 

f:id:starbase:20190125160426j:plain

フードリングの配色が異なります。左=ノーマル(伸縮あり)、右=「N」(伸縮なし)